こんにちは、北国リーマンです(^^)

本日は、モネロについてご紹介します。

仮想通貨の中でも安全性の高い仮想通貨”モネロ”に迫っていきます。

 

monero

 

モネロってどんな仮想通貨?

 




 

モネロ(monero/XMR)は、アルトコインの中の一種です。

韓国の仮想通貨取引所bithumb(ビッサム)や国内の取引所でも扱っています。

CryptoNoteと呼ばれるアルゴリズムを使用しています。

 

ビットコインなどの仮想通貨は

電子署名で公開鍵と秘密鍵をお互い交換するような形で安全だと言われていますが、

最近はその鍵がどの人の物か特定されています。

 

しかし、モネロは人が与えられ、保有する鍵に複数にまとめ鍵束を作り、

その鍵束を取引に使用することで署名した人物をわからなくするのです。

 

また、モネロのアドレス(口座番号みたいなもの)は取引をする度に変化します。

取引記録は一般公開されていますが匿名でなので足跡はつかない。

 

なので安心して振込や資産形成が可能になったり、

リング署名システムのおかげで、送受金の際の金額も伏すのです。

 

全てのモネロコインは所有者のプライバシーを守りながら取引します。

これらはファンジブル(代替可能)と言われています。

 

この能力があるからこそ利用者からしたらプライバシーを守る、

セキュリティーはある、安心安全な仮想通貨になる所以かもしれません。

ただし、この匿名性が高くなると非合法的な取引に使われている可能性が高くなり得るかもしれません。

 

モネロの将来性

モネロ開始から多くの方がモネロを受け入れています。

2016年8月ぐらいまではほんの数百円程度での取引されていました。

 

その後は少しずつ値を上げていたのですが、

2017年8月にbithumb(ビッサム)が取り扱いを表明した途端に15000円程まで上昇、

一年前に比べて価値が20倍に跳ね上がったのです。

 

モネロの最高価格帯で上がったのは同年の12月20日に54700円まで行ったのです。

2016年の8月の価格帯からすると200倍以上。

 

現在は結構価格を落とし、約1万400~600円台を推移しています。

ですが、これから仮想通貨が生活と密接になってくれば

モネロは安全性が高いのでまた大きく値上がりをするでしょう。

 

まとめ

モネロは個人情報を内密する素晴らしい機能を備えています。

確かに「非合法的な取引に使われそう」や「ブラックなイメージ」になるかもしれません。

しかし、私はこのモネロが守っているのは利用者の情報だと考えています。

今、ネット社会になってきている油断できないからこそ個人の情報を守る仮想通貨は大切だと思います。

 

モネロを購入するには

モネロを購入する場合は、binanceかbittrexがオススメです。

 

手数料が安いbinanceはこちら↓

オススメ取引所 Binance

種類豊富なbittrexはこちら↓

オススメ取引所 Bittrex