こんにちは、北国リーマンです(^^)
本日は、ネム(NEM)についてご紹介します。
728x381-2

仮想通貨「ネム(NEM)」は, 2018年1月にコインチェック取引所で発生した
「大量流出
件」のこともあり、良くも悪くも、ご存知な方は多いのではないでしょうか?

事件は、コインチェック取引所の管理の問題であり、ネム自体は全く問題ありません。
但し、世間的にはネムに対してのマイナスイメージが付いているかと思います。
これは全くの誤解です。

ネムは、

・多機能であり、さまざまな場面で活用が出来る。
・アプリケーション開発は容易可能でシステムに導入しやすい。
・CERT(※)も認めるトップレベルのセキュリティ。

と将来性をもった仮想通貨です。
(※中国の非政府かつ非営利のサイバーセキュリティ技術センター。)

ぜひ、本記事をご一読いただき、ネムの良さを感じて頂ければ幸いです。

 

ネム(NEM)とは





ネム(NEM)は、2015年3月にリリースされた仮想通貨であり、単位はXEM(ゼム)です。
冒頭で述べたとおり、多機能な通貨であり、開発が容易であることから、注目の仮想通貨の1つです。

2017年1月時点では、1XEMあたり約0.3円したが、
現在(2018年5月)では約30円と、約100倍の値上がりをみせています

ネムにはいろんな機能が実装されており、特徴の多い通貨ですが、
その1つである「ハーベスティング」について紹介します。

ハーベスティングは、送金等で発生した手数料をXEMの保有者へ分配する仕組みです。
もっと簡単に言うと、誰でもXEMがもらえる仕組みです。

貰えるようにするためには、NEM更新のウォレットである
「Nano Wallet」に1万XEM以上保有していることが条件となります。

多くのXEMを保有し、取引の頻度が多いほど、もらえる確率は高まります。
私は約1万5千XEM保有していますが、取引はほとんどしておりません。

それでも、約半年間で計100XEMほど貰うことが出来ました。
持っているだけでコインが貰える、これって結構お得だと思いませんか?

 

さらなる進化を遂げるカタパルト!

ネムは、今後さらなるアップデートを控えています。
機能面、性能面、共にアップデートするプロジェクト、これを「カタパルト」と呼びます。

カタパルトにより、イーサリアムやリスクで有名な「スマートコントラクト」機能が実装されます。

そして性能も飛躍的にアップし、1秒間に約4000件の処理が可能となります。
「1秒間に4000件処理」とは、クレジットカードのシステムに匹敵する性能です。

カタパルトは2018年に実施予定です。

 

まとめ:ネム(NEM)は将来が楽しみな仮想通貨。

様々な機能を持ち、「カタパルト」によってさらなる進化を遂げるネム。
将来が楽しみな仮想通貨の1つです。

ネムは、コミュニティの活動も非常に盛んです。
「ネムケット」、「ネムフェス」等のネムを主体としたイベントが各地で開催され、
渋谷には「NEM Bar」なるバーもあります。

コミュニティの活発さから見ても、ネムは多くの人に愛されている通貨です。

今(2018年5月時点)は1XEMあたり約30円と、購入しやすい価格になっています。
ぜひ、ネムの購入を検討されてみてください。

 

ネムを購入するには

ネムを購入する場合は、Zaifかbinanceがオススメです。

 

国内で人気のZaifはこちら↓

オススメ取引所 Zaif(ザイフ)

 

手数料が安いbinanceはこちら↓

オススメ取引所 Binance