こんにちは、北国リーマンです(^^)

本日は、分散型取引所(DEX)についてご紹介します。

 

images (1)

 

分散型取引所(DEX)は次世代の仮想通貨取引所といわれており、

今後徐々に普及していくことが予想されます。

最近では、バイナンスが分散型取引所(DEX)を設置することを発表し、

ますます注目を集めています。

流行に乗り遅れないためにも、今のうちから情報収集していきましょう。

 

中央集権取引所の問題点

 




 

まず、中央集権取引所から説明会していきます。

中央集権取引所は、ビットフライヤー、Zaifのような従来の取引所のことを言います。

中央集権取引所の問題点としては、顧客の資産を取引所で預けているため、ハッキングなどのリスクがあります。

2018年初めにも、コインチェックで580億円分のXEMが盗まれるという事件がありました。

 

また、ハッキング防止のためのシステム開発や人件費がかかり、

それらの費用は顧客から手数料という形でとるため、

手数料が高いという問題もあります。

 

 

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所(DEX)は中央集権取引所とは違い、

中央管理者を介さずに、直接個人間で仮想通貨の売買ができる次世代の取引所です。

簡単に言うと、分散型取引所(DEX)では顧客の資産を預からずに、

取引板のみを提供しているというイメージです。

 

顧客は自分で用意したウォレットで資産を管理して、

分散型取引所(DEX)の取引板で取引を行います。

 

分散型取引所(DEX)のメリット

分散型取引所(DEX)では、顧客の資産を顧客自身が管理することで

色々なメリットが生まれます。

 

・ハッキングにあうリスクが低くなる

・取引所の資産管理にかかる費用がなくなるため、手数料が安くなる

・24時間365日、取引や入出金が可能になる

・本人か訓員が不要

 

分散型取引所(DEX)のデメリット

逆に、分散型取引所(DEX)にはデメリットもあります。

 

・まだユーザーが少ないため、取引板が薄い。コインの流動性が低い

・まだできたばかりのため、様々な手順で手数料がかかってしまう

・取引できる通貨ペアの種類が少ない

・サポートが弱い

 

今後分散型取引所(DEX)が普及知っていけば、

上記のデメリットはだんだんと改善していくでしょう。

 

代表的な分散型取引所(DEX)

では、代表的な分散型取引所(DEX)を見ていきましょう。

 

・Ether Delta(イーサデルタ)

・Counter Party(カウンターパーティー)

・Waves Lite Client(ウェーブス ライト クライアント)

・KyberNetwork(キイバーネットワーク)

・Bancor(バンカー)

 

上記の分散型取引所(DEX)については、今後の記事で詳しく解説していきたいと思います。

 

 

最後に

従来の中央集権型取引所の欠点を改善した分散型取引所(DEX)は、

今後徐々に普及していくことが予想されます。

まだ問題点も色々ありますが、今のうちから情報を収集しておけば、

利益につながる可能性は高いです。

 

早いうちから、分散型取引所(DEX)の口座開設をしたり、

関連のコインを購入してみるなどの行動を起こしていくといいでしょう。