こんにちは、北国リーマンです(^^)

本日は、ビットコインキャッシュのハードフォークについてご紹介します。

3f4c54a5e1bfe64f62db09d9259ad57a

一般的に、ハードフォークの前後はコインの価格が上がる傾向があります。

すでに、ビットコインキャッシュの価格も上昇傾向にありますが、

まださらに上がる可能性もあります。

5月15日前後まではビットコインキャッシュの価格を注視しておいた方がいいでしょう。

 

そもそもビットコインキャッシュとは

 




 

すでに多くの方はビットコインキャッシュについてよく知っているとは思いますが、

改めて解説していきます。

 

ビットコインキャッシュは2017年8月に、

ビットコインからハードフォークして誕生しました。

 

当時、仮想通貨の利用者が世界中で急激に増え始め、

ビットコインの送金詰まりが発生し、

送金速度が遅くなったり、手数料が高くなっていました。

 

その問題を解決するために、誕生したのがビットコインキャッシュです。

ビットコインのブロックサイズは1MBだったので、

ブロックサイズを8倍の8MBに拡張したのがビットコインキャッシュです。

ちなみに、ブロックサイズを大きくすることによって、

仮想通貨の取引の際の計算処理能力が上がり、送金速度が上がります。

 

実際に、ビットコインキャッシュはビットコインに比べて

送金速度が早く、手数料も安いです。

 

5月15日にビットコインキャッシュがハードフォーク

5月15日にビットコインキャッシュがハードフォークを予定しています。

実施時期はブロック生成速度により多少ずれることがありますので、

5月15日前後となります。

ハードフォークで新しいコインがもらえると期待している方もいるかもしれませんが、

今回は新しいコインは生まれないようです。

 

今回のハードフォークの特徴は、

『ブロックサイズの拡大』と『スマートコントラクトの実装』です。

 

ブロックサイズが8MBから32MBに拡大

ビットコインキャッシュのブロックサイズが8MBから32MBに拡大されます。

元々、ビットコインの8倍のブロックサイズを持っているビットコインキャッシュですが、

今回のハードフォークでさらに送金速度が上がります。

32MBのブロックサイズになることで、paypal並みの速度になるともいわれています。

 

スマートコントラクトを実装

今回のハードフォークで、ビットコインキャッシュはスマートコントラクトを実装します。

スマートコントラクトを実装することで、取引の透明性が高くなり、

データの改ざんができなくなることで、安全性が強化されるようになります。

(スマートコントラクトに関しては、今後別の記事で詳しく解説します)

すでにスマートコントラクトを実装しているコインとして、イーサリアムやリスクがあります。

 

ビットコインキャッシュが今後の基軸通貨になる?

現在の仮想通貨業界の基軸通貨はビットコインですが、

今後はビットコインキャッシュが基軸通貨になっていくという説があります。

すでに、機能面ではビットコインを上回っているビットコインキャッシュですが、

今回のハードフォークでさらに性能がアップします。

 

また、『ビットコインの神様』として知られているロジャー・バー氏も

ビットコインキャッシュを全力で支持しています。

 

現在は取引所や実店舗にそれほど普及していませんが、

今後徐々に普及が進んでいけば、ビットコインに変わる基軸通貨になる可能性も十分にありえます。

 

ビットコインキャッシュの今後の価格予想

5月15日のハードフォークが近づくにつれて、

ビットコインキャッシュの価格は徐々に上がってきています。

昨年の12月の最高価格は40万円を超えていたので、

そこまでの価格までは届かないとしても、

5月15日前後に20万円、30万円位まで上がる可能性はあります。

 

また、今後ビットコインキャッシュが基軸通貨になっていった場合は

長期的にはなると思いますが、過去最高価格の40万円を超えて

ビットコインの価格を超える可能性もゼロではありません。

 

5月15日までの間に一時的な価格下落などの買い時があれば、

買っておくのもいいかもしれません。

 

ビットコインキャッシュを購入するには

ビットコインキャッシュを購入する場合は、Zaifかbitbankがオススメです。

板取引を利用できるため、

手数料を最小限に抑えて購入することができます。

Zaifはこちら↓

オススメ取引所 Zaif(ザイフ)

bitbankはこちら↓

オススメ取引所 bitbank(ビットバンク)